山形県酒田市の和食 鮮魚料理 魚の目利きが腕をふるう割烹料理店 魚御殿やまもと

ブログ
トップページ > とれたて情報 > 地元タウン誌に掲載されました

地元タウン誌に掲載されました

2016.08.08

口細ガレイや鮭など、獲れたて魚介の料理を楽しみたいなら、「魚御殿やまもと」へ。
魚屋時代にならした目利きと腕をもって、職人気質の山本仁八郎さんが包丁を握る割烹だ。
「肉出すど、お客さんがら、ごけらいるなだ」と奥さんの登美子さんが笑うように、料理素材は旬の魚介類だけ。
冷凍ものは一切使わず、毎朝、ご主人が市場に出かけて仕入れた魚を、味と鮮度を生かして、シンプルにかつ細やかに料理する。焼き物や煮物、揚げ物にお刺身と、どれも必要以上の味を付けずに、極めて潔い調理法で勝負する。

「魚屋だったもんですから、あんまり手を加えないで、そのものの旬の味を生かしたくての。あれこれ加工すると、お客さんも喜ばねもんだがらの」と山本さん。
古くからのお客さんたちに、長く愛され続けている様子がうかがえる言葉だ。

「これがらだば、鮭や口細やカナガシラ、ネジリ(舌平目)やキスもいい時期だの。冬近くなれば、アンコウだって揚がるようになるがらの」。
ここは魚好きにはたまらない、店名通りの“魚御殿”なのである。

やまもと料理例
秋のクライマックスを迎えた庄内の海と山の幸が、たっぷりと詰め込まれたお弁当は、お腹も心も豊かにしてくれるはずである。実り多き土地に暮らす喜びを、存分に味わいたい。

毎朝のように、子どもやご主人のお弁当作りに頑張っているお母さんたちも、秋の日には連れだって、会食を楽しんでみてはどうか。毎日の食事も同様に、作ってばかりいる人にとって、作ってもらうことは新鮮で楽しいものである。このへんでほんのちょっぴりゼイタクしたって大丈夫、大丈夫。

愛情込めたお弁当を作るには、とびきりのお弁当を味わってみることも必要だ。彩りや料理法に、おかずのヒントやインスピレーションを得て帰りたい。

そうすれば明日からのお弁当作りにも、熱が入るというものだろう。

『SPOON』より抜粋

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

店舗MAP

〒998-0063 山形県酒田市南新町2丁目1-2
■営業時間 :  AM11:00 ~ PM10:00
■昼定食  :  AM11:30 ~ PM2:00
■夜    :  PM5:00 ~ PM10:00

■定休日 : 不定休
■駐車場 : 大型バス4 台まで駐車可能
■人 数 : 100 名様まで集客可能
■送 迎 : マイクロバスでの送迎有り

店舗イメージ

ページトップ